2017年09月22日

稲刈りの準備

9月22日

午前・籾摺機の塵が回りに散らばらないようにする為の囲い作り。糠を運ぶ装置を作る。

乾燥機、籾摺機の試運転。稲刈りの準備が整った。

夕方、家内の弟・杉山隆志ご夫妻の招待で、はま寿司で食事。
話題
〇 今年の西瓜栽培
〇 今年の稲作
〇 10月15日投開票の横手市長選・市議選
〇 その他巷の話題
ようこそ!辻田与五郎のホームページへ
http://www.e-456.com


IMG_3538.JPG
posted by 与五郎 at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

昨年より稲の登熟が一週間位遅れているようだ

9月21日

今年は、昨年より稲の登熟が一週間位遅れているようだ。昨年は19日から稲刈りを始めた。今年は25日から稲刈りを始める予定。
乾燥機の塵が回りに散らばらないようにする為の囲い作り等。
ようこそ!辻田与五郎のホームページへ
http://www.e-456.com

IMG_3531.JPG
posted by 与五郎 at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

午後3時頃から、台風並みの暴風雨

9月20日

15日から昨日までの5日間、旅行・行事で農作業が出来なかった。もうすぐ稲刈りが始まるので、農作業場を片付けていたら、今日は彼岸入りで親戚の人達が仏様にお参りに来たので、その接待・・・・

午後3時頃から、台風並みの暴風雨・・・16日から18日に参加した「立山黒部アルペンルートと黒部峡谷 清津峡3日間」」のツアー中に、このような暴風雨に遭遇するのではないかと思っていたが・・・・

今日も又、農作業が出来ない・・・思い通りににならない日は明日頑張ろう・・・・

木戸五郎兵衛稲荷神社の鳥居が老朽化したので、今までの木の鳥居から恒久的な石の鳥居に建て替えた。そして、9月15日に木戸五郎兵衛稲荷神社鳥居竣工式を行った。その時、写した「額縁入りの記念写真」が届いた。この「額縁入りの記念写真」を沼館八幡神社と木戸五郎兵衛稲荷神社の社殿に飾って置く予定である。後世の人達に伝える為に・・・・
ようこそ!辻田与五郎のホームページへ
http://www.e-456.com

IMG_6375.JPG
posted by 与五郎 at 06:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

「平成29年度 雄物川地区西瓜販売実績検討会」に出席

9月19日

午前・HPの更新など。

午後3時・JA秋田ふるさと「平成29年度 雄物川地区西瓜販売実績検討会」に出席。出席者・約60名。会場・雄川荘。
次第
1 開会
2 主催者挨拶  JA秋田ふるさと西瓜部会 部会長 播磨 和宣
            JA秋田ふるさと雄物川地区担当理事 高橋 康男
3 検査講評    雄物川地区検査長 菊池 均
4 生育経過報告及び販売経過報告  事務局
5 質疑応答
6 閉会
 
販売数量508,070箱 前年対比 84.3%  平均単価 2,109円 前年対比 94.9%  販売金額 1,071,767,003円  前年対比 79.9%

懇親会
話題
○ 今年は、昨年より販売数量・販売金額が少なく、又単価も昨年より安かった。しかし、コメに比べると反当収入は7倍位(粗収入)なので、西瓜作りはやめられない・・・・
〇 昨年より、成績がかなり悪かったので、雰囲気はイマイチだった。
○ 西瓜全般について
〇 10月に行われる横手市長選・・市会議員の選挙について 
ようこそ!辻田与五郎のホームページへ
http://www.e-456.com

IMG_3522.JPG

IMG_3523.JPG
posted by 与五郎 at 06:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

清津峡を見学

9月18日

台風18号は私と会いたくなかったようで?、私が眠っている夜通過した・・・
朝5時起床・朝風呂に入る。テレビで台風情報を確認する。羽越本線は午前中運転を見合わせるようだ・・・・

ホテル発8:00→バス・時々小雨降る→〇清津峡(日本三大峡谷 雄大な岩礁と清流なる日本有数の景勝地) 雨が上がった。これ又奇跡的。ただ、清津峡は700mのトンネルの4ケ所に見晴所があり、そこからしか景色を眺めることしか出来なかった。遊歩道を作ることが出来なかっただろうか?昨日、絶景だった秘境・黒部峡を観ただけに不満だった・・・→バス→途中道の駅に寄り昼食→〇新潟駅着14:30、

〇新潟駅発15:01(特急いなほ7号) 午前中は運休だったが、定刻通り出発。もし台風の通過が数時間遅れていたら、特急いなほ7号は運休し、新潟に一泊しなければならなかったかも知れない?・・・・・〇羽後本荘駅着18:07→自家用で自宅に向かう。途中、南部屋敷でソバを食べ午後7時40分頃無事帰宅。

数日前までは、台風18号と出会う最悪のタイミングのツアーだと思っていたが、ツアーが終わって見ると、最高のタイミングでのツアーだったと思った。やはり、良いも悪いも神様まかせ・・・・

※今回のツアーに参加しての最大の収穫は

〇西瓜栽培の時も7月22日の大雨の被害は全くなかった。強い思い(目標)を持って日々暮らしていると、自然も味方してくれるものと確信した・・・

〇黒部峡谷にダムを造るという発想と、幾多の困難を乗り越えてダムを建設した(映画・黒部の太陽)人達。そして、黒部ダムと立山連峰を結ぶ観光ルートを作ろうした雄大な構想とそれを実現した人達の不屈の精神と努力にはただただ頭が下がる思いがした・・・断じて行えば鬼神もこれを避く・・・・

〇私は強運の持ち主だと思った・・・私には強運を生かす義務がある・・・講演の全国制覇(まだ講演に行っていないには16府県)を目指して不屈の精神で頑張ろう・・・・
ようこそ!辻田与五郎のホームページへ
http://www.e-456.com

IMG_6355.JPG

IMG_6369.JPG
posted by 与五郎 at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立山黒部アルペンルート等見学

9月17日

朝5時起床・朝風呂に入る。雨は降っていないし風も強くない。台風は来ないのかなあ・・・・

ホテル発7:45→バス→〇立山黒部アルペンルート扇沢(標高1433m)→関電トロリーバス→〇黒部ダム(標高1470m・日本一のアーチ式ダム)。雨は降っていない。台風18号は私を嫌っているようで、会いに来ない?雄大なダムにただただ見惚れる。

→黒部ケーブルカー→〇黒部平(標高1828m)→立山ロープウエイ→〇大観峰(標高2316m・北アルプスの絶景の大パノラマ)→立山トンネルトロリーバス→〇室堂(標高2450m) 昼食後、外に出てみる。雨は降っていないが風が強く寒い。鳥海山の標高が2236mなので、鳥海山の頂上よりさらに214m高いので寒いのは当然かも・・・・

→高原バス(23キロ約50分)→〇美女平(標高977m)晴れていたので、立山連峰の山々・高原植物が良く見えた。台風18号はどこへ行ったのか?→立山ケーブルカー→〇立山駅(標高475)。約2000mバスとケーブルカーで下ったことになる。

→バス→〇宇奈月駅→黒部峡谷トロッコ電車(日本三大峡谷)片道約60分→〇鐘釣駅 秘境・黒部川沿いの眺めは絶景だった→〇宇奈月駅→バス→〇新潟県糸魚川温泉・ホテル国富アネックス着17:20、同ホテルに宿泊。

今日は、台風が立山黒部地方を通過する予報だった。観光がキャンセルされるのではないかと心配したが全く杞憂だった。しかも、立山黒部アルペンルートの観光を中止した人達が多くいたようで、連休にもかかわらず、比較的観光客は少なかった。もし、予報が晴天だったら、混雑して予約なしのバスやケーブルカーには乗れなかったかもしれない?良いも悪いも神様まかせ・・・・・
ようこそ!辻田与五郎のホームページへ
http://www.e-456.com

IMG_6319.JPG

IMG_6322.JPG

IMG_6330.JPG

IMG_6339.JPG

IMG_6344.JPG
posted by 与五郎 at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「立山黒部アルペンルートと黒部峡谷 清津峡3日間」」のツアーに参加

9月16日

阪急交通社が企画した「立山黒部アルペンルートと黒部峡谷 清津峡3日間」」のツアーに、今日から2泊3日で家内と参加する。

前々から、一度、立山黒部アルペンルートと黒部峡谷に行って見たいと強く思っていたので、西瓜栽培が終了し稲刈りが始まる今が最適な時期と考えツアーに申し込んだ。しかし、ちょうどツアーと台風18号が遭遇するようで、最悪のタイミングでの旅行かと思った。

午前8:10分・自家用車で羽後本荘駅に向かう。〇羽後本荘駅発9:51(特急いなほ8号)→〇新潟駅着12:57→バス→○苗名滝(迫力満点・落差55mの滝)→バス→〇長野県大町温泉・ホテルからまつ荘着18:45、同ホテルに宿泊。ツアー参加者・岩手・秋田から34名。

今日は晴れた。明日は、黒部ダムで台風18号と遭遇する予定。

ある神社で引いた「お神籤」を机の前に貼っている
「良いも悪いも神様まかせ、うけたおやくめひとすじに、良い事が悪くなるか、悪いことが良くなるか、行く先の事は容易に見分けがつくものではない。さればいたずらに目先の出来事をくよくよと思いわずらわず、良いも悪いも神様にお任せして、唯ひたむきに受けた務めを根限り精一杯励むがいい。きっと神様はお助け下さいます」

その「お神籤」の教えを思い出し、明日の事は神様にお任せして床に就いた・・・
ようこそ!辻田与五郎のホームページへ
http://www.e-456.com

IMG_6307.JPG

IMG_6312.JPG

IMG_6316.JPG

IMG_6317.JPG
posted by 与五郎 at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする