2019年12月30日

今年の西瓜と米作

12月30日
今年の西瓜と米作
〇西瓜栽培は晴天に恵まれ、病果も出ず順調に生育した。ただ西瓜の収穫が始まった7月中旬から7月末までは西瓜の大消費地である関東関西地方は雨天が続き、出荷した西瓜が市場に滞貨し価格が安かった!今年は豊作貧乏かと思ったが、8月に入ると関東関西地方の天気が回復したので西瓜の価格が徐々に上がってきた。

結果的にはJA秋田ふるさとでは
販売数量522,190箱 前年対比 116.6%  平均単価 2,309円 前年対比 93.1%  販売金額 1,205,589,780円  前年対比 108.6%。
※今年は、昨年より平均単価は低かったが、販売数量が多かったので販売金額は昨年を上回った!

〇米作は好天に恵まれたので昨年より収量が多かった。

西瓜栽培・米栽培も、それなりの収穫を得る技術があるが、一番怖いのは台風などの自然災害である。今年、千葉県や長野県等では台風で農家が大きな被害を受けた。ハウスが倒壊しリンゴ畑が壊滅した映像を見ると心が痛む・・・・幸い秋田県は台風の被害は無かった!来年は全国で台風等の自然災害が起きない事を祈っている・・・・・・
ようこそ!辻田与五郎のホームページへ
http://www.e-456.com

IMG_9485-thumbnail2.jpg

IMG_9662.jpg
posted by 与五郎 at 08:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする