2020年01月19日

風の如く 吉田松陰編

1月19日
富樫倫太郎著「風の如く 吉田松陰編」の中で気に入った一節

結果の可否など考えず、まず、行動することが大切である。行動することによって、目の前にある巨岩に穴を開けることが出来るかもしれない。それは万に一つという程度の可能性かもしれず、結果としては、ただの骨折り損になっていまうかも知れないが、そもそも、行動しなければ何も起こらず、何の可能性も生じないのだから、行動こそ尊いのであり、結果は二の次だ・・・・と松陰は熱く語った。

今月講演を依頼されているある会場で「認知症漫談」「IR漫談」をやる予定である・・・温泉・読書・酒で英気を養い「時を得て行動する」・・・・・
ようこそ!辻田与五郎のホームページへ
http://www.e-456.com

IMG_0068.JPG
posted by 与五郎 at 08:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする