2020年03月11日

林真理子著「西郷どん 前篇 後編」

3月11日
テレビ・読書の自適の一日。
垣根涼介著「光秀の定理」の中で気に入った一節・・・
「光秀が思うに、人間が持って生まれた本来の能力に、その素地に、たいした違いなどはない。それを、本人たちがある目標意識に向かってひたすら磨き、鍛錬していくからこそ、能力が初めて他を圧する才能を生み落とすのである」

垣根涼介著「光秀の定理」を読み終えたので、横手市立平鹿図書館に行きその本を返し、新たに林真理子著「西郷どん 前篇 後編」を借りて来る。
3月中の講演は全てキャンセル。農作業が始まる4月上旬までは時間がたっぷりある。
野山獄に入獄中の高杉晋作は、毎日本ばかり読んでいたようだ。私も高杉晋作を見習って読書に明け暮れることにする・・・・

高杉晋作は野山獄から出て歩く事は出来なかったが、私は行動は自由なので夕方おおもり温泉「さくら荘」に行き入浴!日々英気を養う・・・・
ようこそ!辻田与五郎のホームページへ
http://www.e-456.com

IMG_0825.JPG
posted by 与五郎 at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする