2020年03月25日

山崎光夫著「風雲の人 大隈重信」

3月25日
山崎光夫著「風雲の人 大隈重信」の中から気に入った一節

「明治の志士や元勲など、歴史に名を残した人物の共通項として、ある異常な体験により命知らずになった瞬間がある。体験内容は人によってさまざまだが、極限を乗り越えた緊張感が一生を左右するのである。。16歳に起こった右足事件は、大隈に自らの人生において、他人にない僥倖運が備わっていると認識させたのである。怖ろしいものはなくなったのであった」。

私は22歳の頃「九死に一生を得た」体験がある。それ以降は、俺は一度死んだ人間だ!これからの人生は拾った人生だ!拾った人生だから自分の好きな事をやろう!と決意し今まで歩んで来た・・・・
ようこそ!辻田与五郎のホームページへ

http://www.e-456.com
IMG_0065.JPG
posted by 与五郎 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする