2011年02月15日

ドキュメント11 夢は刈られて

昨日録画に録っていたABSテレビ放送「ドキュメント11 夢は刈られて」を観た。
政府のコメ増産の掛け声のもと、八郎潟が干拓され、全国各地から「稲作の大規模経営」の夢を抱いだ若者達が大潟村に入植した。
しかし、彼らが入植してまもなくコメ余りで、政府は一転して減反政策を押し進めた。
政府の減反政策に反発し全面積稲を植え続けた2戸の農家は政府から強制的に土地を取り上げらてれ、村を追われた。
減反に協力し転作に野菜を植えた農家は土壌条件(畑作に合わない粘土質)が悪く野菜が育たず失敗し借金だけが増え、借金苦で自殺した人もおり、今まで60戸の農家が離農した。離農したくても離農出来ない倒産予備農家が多くいる。
政府が悪いのか?農家が悪いのか?時代が悪いのか?
私は思う「政府を当てにせず、時代の流れに合わせ、自分の生き方を変えていく者だけが生き残る」と・・・・

IMG_1156.JPG


IMG_1157.JPG


IMG_1161.JPG


一日ワンクイックお願いします。人気ブログランキングへ
posted by 与五郎 at 07:54| Comment(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: