2019年07月23日

普通栽培西瓜の収穫

7月23日
午前・横手市立大森病院で、月一回の「睡眠時無呼吸症候群」の定期検診を受ける。睡眠時CPAP装置を付けて寝ているので異状なし。

「CPAP療法の原理は、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させておくというもの。
CPAP装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。

西瓜普通栽培の試し割り(西瓜を割って糖度を調べ何日から収穫出来るかを判定する)が、今日の午前8時30分からJA秋田ふるさと雄物川支店沼館倉庫で行われた。家内に参加を依頼した。我が家の西瓜の糖度は12.5度。収穫のお墨付きを戴いたので、午後・家内と西瓜を収穫した。今日の収穫は約230個。今日から、8月5日頃まで約4,000個の西瓜を収穫する予定・・・・

昨年の普通栽培の西瓜は強風で傷がついた西瓜が多く。又、雨降りの日が続いたので西瓜の一部分が病気に罹った。今年の西瓜は病気に罹らず、又カラスの被害も受けず収穫を迎える事が出来た。生産者としては大きな喜びである・・・・後は、西瓜を出荷している関東関西方面の天候の回復を祈るのみ・・・・

明日は早朝100個位収穫。午前・横手市増田町新町いきいきサロンで講演。午後・さらに100個位収穫する予定・・・・明日は2足の草鞋を履く・・・
ようこそ!辻田与五郎のホームページへ
http://www.e-456.com

IMG_9409.JPG

IMG_9410.JPG

IMG_9414.JPG


posted by 与五郎 at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: