2019年08月08日

南郷温泉「共林荘」に一泊

8月7日
午前5時30分・郷と矢神に西瓜の検査に行く。
西瓜畑の後片付け。

午後2時30分・西瓜の収穫出荷が無事終了したので、家内と南郷温泉「共林荘」に一泊の骨休みに行く為自家用車で出発。

午後4時頃「共林荘」に到着。すぐ風呂に入る。

午後6時・夕食。私と家内の関係は夫婦ではなく戦友である。私にとってはカミさん(神さん)は一番強い味方であり参謀である。

その神さんと今年の西瓜の反省

1 西瓜トンネル移動式栽培は、昨年は一株に3個付けたら5L・6Lの大玉が採れたが尻に亀裂の入った西瓜が多く、廃棄する西瓜が多く出た。今年は一株に4個付けたところSにもならない小玉も出たが尻に亀裂が入らず、昨年より箱数が多かった。

2 昨年の西瓜はツル枯れ病や炭疽病に罹ったので、今年は防除を徹底したところ病果は出なかった。

3 干ばつ対策とカラス対策は万全だった。

4 昨年までは西瓜の日焼け防止に藁をかけていたが、今年はクレフノンをかけた。4月23日植の西瓜はクレフノン100倍液で
  日焼けの西瓜は全くでなかったが、4月29日・5月5日に植えた西瓜は、直射日光に当たった部分の西瓜に日焼けが出たので再度50倍液をかけ直したところ日焼けは防止出来た。

5 消費者は大玉西瓜より冷蔵庫に入る小玉西瓜を好む傾向があるようなので、来年は小玉西瓜も植える予定。

6 毎日二人ともニンニクを食べていたので、炎天下での仕事も体調を壊すことなくこなすことが出来た。

今年の西瓜栽培は天候にも恵まれたので、ほぼ満足できる成績を治める事が出来た。半面、大消費地の関東関西方面は雨天の日が多かったので昨年より価格は安い・・・「人生は捨てる神があれば拾う神あり」「良いも悪いも神様まかせ」。結果に一喜一憂することなく「日々是好日」と言い聞かせて過ごす・・・・・

ようこそ!辻田与五郎のホームページへ
http://www.e-456.com
IMG_1166.JPG

IMG_1171.JPG

IMG_1173.JPG
posted by 与五郎 at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: